小さな頃に家によく届いていた、ハムのギフトについて。

私は小さな頃からいつも同じ時期になると、家にハムのギフトがよく届いていたのを覚えています。
正直にそんなに嬉しくありませんでした。ハムは好きですが、そんなにハムばかり貰っても夕食の主食になるものでもないし、そんなにどうやって食べるんだと思っていました。

ですが大人になって、知ったことがあります。子供の頃に思っていたよりもハムは結構高いことです。正直、それを知ってからハムのギフトに対する考え方がかわりました。もしかすると私が考えている食べ方で食べるのではないのではないだろうか。

きっと、もっとハムの食べ方というのがあって、とても魅力的なものではないのだろうか。そう感じるようになりました。
それからはハムが大好きです。例えばパンに挟んで食べたり、チーズと食べたり、クラッカーと食べてみたり。実はものすごくおしゃれな食べ物だったのです。

それを知らなかっただけなのです。今ではハムのギフトをいただくと飛びつくように喜んでいます。